講義メモ
日々の講義について、必要があれば記載していきます。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
熱力学分野 補習プリント解答
※ ブラウザ上で解像度が低くて読みにくい場合は、ファイルをダウンロードしてから見てみてください。
※ p-Vグラフの(4)の解答が間違っていました。図の矢印が逆向きです。問題文には「圧縮」とあるので、体積が減る方向(左向き)に矢印を引くのが正しいです。すみませんでした。

熱量保存則
SI2補習解答_ページ_1
熱量
SI2補習解答_ページ_2
状態方程式
SI2補習解答_ページ_3
内部エネルギー
SI2補習解答_ページ_4
第一法則
SI2補習解答_ページ_5
p-Vグラフ
SI2補習解答_ページ_6
スポンサーサイト
「クリップモーター」材料
○ 電池
・ ノーブランドで十分
・ よほど古くなければマンガンでも大丈夫

○ エナメル線
・ 今回使用したのは直径0.6mm
・ 直径0.3mm~1mmのどれでも動く
・ 細いとグニャグニャ、太いと硬くて加工しづらい
・ 直径0.4mm~0.5mmがおすすめ
・ 市販品(ホームセンターで取り扱っているもの)は被膜が透明なことが多い
・ 被膜が透明だと、削っても色が変わらず、削れたかどうかが分かりにくい
・ 被膜が透明な場合は、削る前にマーカーなどでエナメル線に色をつけておくとよい

○ ゼムクリップ
・ 今回使用したのは100均で200個入りで売っていたもの
・ 色付き・カバー付きのものは、通電しないことがあるので避ける
・ クリップの形をもっと変えたい場合、100均のものだと折れるので、文具メーカーのものを

○ 磁石
・ 今回使用したのは100均(ダイソー)で25個セットで売っていたもの
・ 極性に注意
 極性

○ 紙やすり
・ 今回使用したのは180番
・ 150番~1200番なら、どれでも大丈夫(1200番より目が細かくても使えると思うが、試したことがない)
「クリップモーター」アドバイス
IMG_0415.jpg
IMG_0417.jpg
IMG_0411.jpg
IMG_0412.jpg
IMG_0414.jpg
IMG_0418.jpg

研修会にご参加くださった皆様、貴重なコメントをいただきありがとうございました。
「クリップモーター」スライド
クリップモータースライド_ページ_01
クリップモータースライド_ページ_02
クリップモータースライド_ページ_03
クリップモータースライド_ページ_04
クリップモータースライド_ページ_05
クリップモータースライド_ページ_06
クリップモータースライド_ページ_07
クリップモータースライド_ページ_08
クリップモータースライド_ページ_09
クリップモータースライド_ページ_10
クリップモータースライド_ページ_11
クリップモータースライド_ページ_12
クリップモータースライド_ページ_13
クリップモータースライド_ページ_14
クリップモータースライド_ページ_15
クリップモータースライド_ページ_16
クリップモータースライド_ページ_17
クリップモータースライド_ページ_18
クリップモータースライド_ページ_19
クリップモータースライド_ページ_20

クリップのイラストは、フリー素材 * ヒバナ様よりお借りしました。
いろいろな単位(補足)
第一回の授業で出してもらった単位の中で、注意が必要なものについて補足します。

○ m/kgは、1mあたりの質量ではない。

X/Yという単位は、「1Yあたり何Xか(1分母あたり何分子か)」と解釈することになっていました。このため、例えばm/kgという単位であれば、1kgあたり何mかと解釈します。1mあたり何kgか(線密度)を表す単位は、kg/mになります。

○ メガネや筆箱は、単位ではない。

メガネや筆箱という単位はありません。1クラス、2クラスとは数えますが、1メガネ、2メガネとは普通数えませんよね。このように、前に数字をつけて1、2、3と数えてみて、違和感があるものは単位ではありません。

では、例えば「メガネ/クラス」という単位を作って「クラスのメガネ着用率」と解釈してもらうには、どうしたらいいでしょう? そういうときは、メガネという新しい単位を定義してください。具体的には、「メガネ/クラス(ただし、[メガネ]とは日常的にメガネをかけている人の数を表す単位とする)」といった感じです。

昔、「痛みを表すのに[ハナゲ]という単位を使うことになった」と報じたジョークサイトがありました。単位の定義が詳細だったためか、本気で信じた人もいたようです。興味があったら、調べてみてください。
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。